老人ホームに入居するにあたって、一番気になるのが費用の問題です。
「最初にどのくらいかかるの?」「毎月の年金で暮らしていけるかしら?」
「退去したら戻ってくるの」など…
老人ホームを選ぶ前に、しっかりと費用の仕組みや内容を理解しましょう。

「入居一時金」とは
What is "temporary lump-sum fee"

簡単にいうと、入居時に家賃を前払いするもので、事前に全額もしくは一部支払うことで、月々の利用料を抑えることができます。家賃を全額支払っておくと、入居中の家賃は無料になります。
入居一時金は、0円のところから1億円以上になる施設もあります。最近では、いくつかの料金プランから選べる施設も増えてきています。

「入居一時金」とは

支払った入居一時金は、「償却期間」によって一定金額が毎月償却されていきます。
施設によって異なりますが、5年から7年くらいの償却期間が一般的です。
償却が終わらないうちに退去した場合は、利用した期間に応じて、未償却分はすべて入居者に返還されます。
ただし、返金対象とならない入居時に償却される「初期償却」を行うのが一般的です。
初期償却の割合は15~30%ほどですが、施設によって異なりますので、入居検討時で必ず確認しましょう。

入居一時金が0円のプランの施設は、入居一時金が不要になりますが、月額利用料にその分が上乗せになり、
毎月の支払いが高くなります。

「月額利用料」とは
What is "monthly charge"?

毎月かかる費用の内訳は、基本的には、家賃・管理費・食費と日常生活費などが必要になります。
また、介護が必要な方は介護サービス費がかかります。
介護保険の上限以上のサービスや、介護保険とは関係なく病院の付き添いや買い物の同行などの費用は自己負担になるので、入居前にしっかりと確認が必要です。
おおよそ、月額利用料に3~5万円ほど加算した金額を目安にするといいでしょう。

「月額利用料」とは

老人ホーム・介護施設の比較一覧表
Comparative list of nursing home / nursing care facilities

住まいの種類 費用の目安 入居の条件
初期費用 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 認知症
特別養護老人ホーム なし 6万~15万円 × ×
介護老人保健施設 なし 8万~17万円 × ×
ケアハウス 0~数万円 8万~15万円 × ×
介護療養型医療施設 なし 10万~20万円 × ×
介護付き有料老人ホーム 0~1億円以上 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 敷金2~3ケ月 12万~25万円
グループホーム 0~30万円 13万~20万円 ×

特定施設の自己負担額
Self-pay amount of specific facility

介護付き有料老人ホームや一部のサービス付高齢者住宅、ケアハウスなど特定施設の指定を受けています。
これらの施設は、食事・入浴・介助などのサポートは定額の費用で受けることができます。
ただ、より手厚いサービスを行っている施設では「上乗せ介護費」が発生する場合があります。
自己負担額(円)
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
1割負担 5,400 9,270 16,020 17,970 20,040 21,960 24,000
単位 540 927 1,602 1,797 2,004 2,196 2,400
※上記の表では1単位10円で計算していますが、お住いの地域によって1単位あたりのの単位は変わりますのでご注意ください。
 地域や介護サービスごとに変わる換算率の詳細は各地域の介護保険・地域別単位加算表をご確認ください。

毎月の支払い例

-Aさんの場合85歳(女性)要介護3 認知症あり-

月額利用料

  • 家賃

    93,000円(非課税)

  • 管理費

    21,600円(税込み)

  • 食費

    54,000円(税込み)

合計:168,600

個人別

  • 介護保険1割負担分(要介護3)

    20,040円

  • 医療費

    5,000円

  • おむつ代

    10,800円

  • 通院付き添い

    3,240円

  • 雑費

    3,000円

合計:42,080

総計:210,680円


TOP